スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラグビーリーグ

ラグビーリーグ(英語:Rugby league)は、ラグビーの一種。日本で「ラグビー」と呼ばれているのはラグビーユニオンであり、ラグビーリーグは13人制であるなどルールがやや異なる。オーストラリアの一部地域(シドニーなどの東海岸一帯)では絶大な人気を誇っており、フットボールあるいはフッティなどと呼ばれている。またパプア・ニューギニアでは一番人気の国民的スポーツである。またイングランド北部でも人気がある。概要1895年8月29日、休業補償問題がきっかけで、主に北イングランドのラグビーチームにより北部ラグビーユニオン (NRU) が結成された。NRU結成時点ではラグビーリーグとラグビーユニオンのルールは全く同一のものであったが、NRUの選手のほとんどが日曜日以外の平日に出勤する必要のあった、今日的な意味でのアマチュア選手がほとんどであったことから、ラック・モール・ラインナウトなどの負傷の可能性が高い(少なくともNRUがそう考えた)ルールが廃止され、現在のラグビーリーグのルールが確立されていった。また、スクラムのルールは残っているが、ラグビーユニオンと違い、ほんの形式的なプレイであるため、不要であり廃止すべきだという意見が永年となえられている。また、ラグビーリーグは設立の理由自体が金銭問題であったため、選手の金銭の授受に関してはきわめて寛容であり、そのためプロ選手が早くから存在していたが、ラグビーリーグ自体はプロ選手専用競技と言うわけではなく、アマチュア選手も存在している。特徴タックルやノックオン(ボールを前方に落とす)の時点でプレーを中断させ、ラックやモールなどの密集状態を排除するなど、常にゲームを流動的にさせる点に重きが置かれている。攻撃する側は6回タックルされるまでに得点しなければ攻守交代となる。しかし自陣で攻撃権が相手に移るとピンチになるために5回目で大きく敵陣へボールを蹴りこみ攻撃権を相手に渡すことが多い。一般的にスクラムやキックの頻度が少ない。またスクラムは形だけで、ほとんどボール投入側がボールをとる。トライの得点は4点。トライ後のコンバージョンキックでの得点が2点。ペナルティゴールで得る得点が2点、ドロップゴールの得点が1点となる。プレイヤーの背番号の順序がユニオンと逆(ユニオン:フォワード→バックスの順、リーグ:バックス→フォワードの順)である。関連項目ウ

大阪湾上? 救急出動ヘリの部品脱落(産経新聞)
<東名高速>トラック3台が事故…1人重体 静岡(毎日新聞)
<沖縄密約訴訟>東京地裁で結審…判決は4月9日(毎日新聞)
【中医協】小児入院医療管理料に「常勤医9人以上」の評価新設へ(医療介護CBニュース)
<雑記帳>雇用対策でアイスづくり 千葉・市原(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。