スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「公訴時効見直し仕上げた」 千葉法相、死刑ゼロに「議論起こせず、反省」も(産経新聞)

 千葉景子法務相は4日、閣議後の記者会見で、「マニフェストに掲げた課題に方向づけができ、公訴時効の見直しについては議論に区切りをつけて、仕上げることができた」などと、法相としての8カ月間を振り返った。

 新たな民主党代表として、菅直人氏と樽床伸二氏のどちらがふさわしいかを問われると、「菅氏を推薦しています」と明言。新リーダーに期待することとして、「クリーンな政治、自由闊達な議論をしていくという風通しの良さなど、民主党の原点だったことが期待されている」と述べた。

 任期中に死刑が1人も執行されなかったことについては、「大変重みのあることで、慎重に考えてきた」とした。その上で、「議論の場を作ったり、死刑についての情報が開示されるような方向に歩みを進められたら、と思っていたが、力足らぬところがあり、反省もしている」と語った。

【関連記事】
「まさか刑務所開放…」 法相、公務員の新規採用半減に反論
閣内バラバラ、今度は平野氏が北沢氏を批判「不規則発言だ」
事業仕分け 「廃止」連発 ギャラリー意識?
「制度は順調、理念定着」 裁判員制度1年で千葉法相
死刑と無期懲役はなし 殺人、性犯罪で量刑重めに

<野口宇宙飛行士>あす帰還 通算177日滞在、日本人最長(毎日新聞)
<3人死亡>心中か 車内で女性と男児 秋田・横手(毎日新聞)
<菅首相>小沢氏辞任で「けじめ」 政倫審に慎重(毎日新聞)
かりゆし姿の福島氏に北沢防衛相「チャイナですか」(産経新聞)
回転ずし店に車突っ込む=客14人重軽傷―大津(時事通信)
スポンサーサイト

<新型インフル>国と自治体の連携不足指摘 研究班が報告書(毎日新聞)

 09年流行した新型インフルエンザの情報提供を巡り、国と自治体の連携不足で緊急時の対応が不十分だったとする報告書を、厚生労働省の研究班(研究代表者・安井良則国立感染症研究所感染症情報センター主任研究官)がまとめた。世界保健機関(WHO)や米疾病対策センター(CDC)のように専門知識を持つスポークスパーソン(報道官)の養成や、情報の一元化が急務と提言している。

 研究班は、国内初の感染疑い例が出た(その後否定)横浜市と、初の国内発生があった神戸市について、市側の対応を検証した。

 横浜市では09年4月30日、カナダから帰国した同市内の高校生が「感染疑い」とされた。しかし国と連絡が取れないうちに舛添要一厚労相(当時)が5月1日未明、霞が関で緊急会見。市はその内容を知らされないまま、市独自で会見の用意をするように指示された。会見の後、高校生は新型インフルエンザではないことが判明した。同15日に国内初の感染者が確認された神戸市の場合、厚労省の各部署から似た内容の問い合わせがバラバラに寄せられ、その対応に追われた。

 報告書は「国と自治体で見解が統一されていなければ、行政機関に対する信頼性が揺らぎ、対策の遂行に支障をきたす」と批判している。

 一方、厚労省側の検証は、当事者のほとんどが異動していたためできなかった。安井主任研究官は「原因追究をしっかりしなければ、同じことが繰り返される可能性が高い」と指摘する。【藤野基文】

【関連ニュース】
【関連写真特集】新型インフルエンザを写真で見る
<関連記事>新型インフルエンザ:全国の記事
<関連記事>新型インフル:国内確認1年 感染伝達、患者は最後
<関連記事>新型インフルエンザ:国内確認1年 感染伝達、患者は最後 混乱…隔離、発表先に
<関連記事>新型インフル:患者情報の対応分かれ 都道府県調査

ドナーカードの記入不備・矛盾は「意思表示として無効」―厚労省作業班(医療介護CBニュース)
両国でも暴力団観戦…初場所で警視庁確認(読売新聞)
外交文書30年で原則公開、廃棄・非公開は新委員会で決定(産経新聞)
「顔」後遺症の補償に男女差は違憲…京都地裁(読売新聞)
石垣市長、小田原市長の所信表明演説を引用(読売新聞)

太地町民の水銀影響、知事「適正量なら問題なし」(読売新聞)

 和歌山県太地町の住民の毛髪から、全国平均の4倍超の水銀濃度が検出されたとする環境省国立水俣病総合研究センターの調査結果について、仁坂知事は、11日の記者会見で「適正量を守っていれば問題ないということが、ある意味では立証された」との認識を示した。

 同センターは、全町民の3割にあたる1137人を調査。町民のクジラやイルカの摂取状況と水銀濃度には、「相関関係がある」と結論づける一方、水銀中毒の症状は見られないとした。

 仁坂知事は、「今より、もっと食べていた時代があった」とし、今回の調査で「水俣病のような健康被害はなく、医学的にも精査された」とした。ただし、妊婦については、「危険というわけではないが、量的に控えた方がいい」とも述べた。

JR埼京線で人身事故、全線で運転見合わせ(読売新聞)
<途上国支援大会>タイで死亡の村本さんの同僚も参加(毎日新聞)
新型インフル 国内確認1年 感染伝達、患者は最後(毎日新聞)
滑走路にこすり傷=米デルタ機が接触か-成田空港(時事通信)
<大阪ポリ袋遺体>身元は36歳女性 首に絞められた跡(毎日新聞)

殺人容疑で男4人再逮捕=公園前路上の男性遺体-警視庁(時事通信)

 東京都国分寺市の市立黒鐘公園前の路上で、住所・職業不詳の中川公太さん(22)の遺体が見つかった事件で、警視庁小金井署捜査本部は23日、殺人容疑で、住所不詳、無職栗田俊祐容疑者(26)ら男4人を再逮捕した。捜査本部によると、同容疑者は「やっていない」と容疑を否認。3人は認めている。
 捜査本部は既に、殺人容疑で20代の男6人を逮捕。同容疑で2、3人の行方を追っている。 

【関連ニュース】
「回避できた可能性」県警認める=石巻3人殺傷で検証報告
出頭の母、長男殺害容疑で逮捕=車内に8歳男児
「子ども殺した」と母出頭=車内で死亡した男児発見
同居の男を傷害容疑で逮捕=1歳男児変死、虐待認める
家族3人殺害、夫を再逮捕=妻と義母、ハンマーで殴打か

国際協力機構の運営費縮減…23日事業仕分け(読売新聞)
<転落死>マンション12階から4歳児 千葉・印西(毎日新聞)
<日本版GPS>衛星1号機「みちびき」公開 今夏打ち上げ(毎日新聞)
小沢氏「起訴相当」議決 民主ダンマリ、自民ツイッター攻勢(J-CASTニュース)
都職員の活字離れ深刻 1割が「本読まない」(産経新聞)

<名古屋市議会>恒久減税案など 委員会で全会一致で否決(毎日新聞)

 名古屋市臨時議会で、総務環境、財政福祉両委員会は20日、市民税10%減税の恒久化、議員報酬半減の2条例案と、地域委員会のモデル実施を増やす補正予算案の計3議案を、いずれも全会一致で否決した。21日の本会議でも否決される見通しで、河村たかし市長と議会の対立はさらに深まりそうだ。

 委員会では、市民税減税の恒久化に対し「恒久財源が示されていない」、議員報酬半減は「客観的なデータを踏まえ、議会が主体的に決めるべきだ」との指摘があった。地域委員会については「8地区でモデル実施されており、十分な検証がされていない」とした。

 名古屋市議会は2月定例会で、河村市長が提案した議員の定数と報酬を半減する条例案や地域委員会のモデル実施追加の予算案を否決し、09年12月に成立した市民税減税条例を1年限りに修正した。市長はこれを不服として臨時議会を招集し、3議案を再提出していた。【丸山進、高橋恵子】

【関連ニュース】
名古屋市議会:恒久減税など再提案 可決可能性低く
名古屋市議会:条例に基づく初の報告会 市民100人参加
名古屋・河村市長:持論展開「減税しないと天下り天国に」
河村名古屋市長:応援団長に俳優の菅原文太さん
名古屋市議会:主要会派、ビラ全戸配布へ「市民の理解を」

<タケノコ>収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
男性型脱毛症の診療指針 患者にも参考の評価5段階(産経新聞)
首相「私は愚か」発言 「米紙の揶揄、そのままいただいた」(産経新聞)
日本創新党と「立場違う」=国政とは一線-橋下大阪知事(時事通信)
関係者ら3人不明=倉庫遺体遺棄-長野県警(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。